こんにちは、代表理事の後藤です。
4月29日にアドバンスB科目〜色彩トレーニング〜色感度を鍛えセンスアップが開かれました。

色については2級講座で扱っており、色やカラーコーディネートの基本知識だけでなく
自分の好きな色・心地よいと感じる色を知るワークを盛り込んでおりいます。
それはいくら知識を豊富に持っていても、自分の色の好みがわからなければ
ステキ・心地よい部屋づくりができないからです。
今回のアドバンスコースでは2級で学んだよりもさらに上を目指しますが
更に新しい知識を覚えるというよりは、色を実際に使えるようになるための
トレーニングを主体とした実習講座です。

色を使いこなすには、何よりも色を見分ける力(弁別能力)が不可欠です。
その1、色相弁別トレーニング
下の写真のように色相環の表の上にカラーチップを配置していくものです。
これ原色でやれば簡単なのですが、グレイッシュなトーンでやると色の見分けが一気に難しくなります。
P1050675.jpg


トレーニングその2はトーン弁別トレーニング
インテリアでよく使われるオレンジの色相のトーン変化を見分けらるようにするトレーニングです。
トーンとは明度と彩度の変化ですが、これを頭だけで理解しようと思うとなかなか理解できないのですが、トレーニングを重ねると、色の変化の仕組みが納得できます。
P1050681.jpg


どちらもかなり難しいトレーニングですが、できなくてもショックを受けなくても大丈夫。
何度も挑戦するすちにだんだん正解する確率が高くなっていき
そのうちにパッとみただけでもなんとなくこれはどんな色なのかわかるようになります。
これは私後藤の経験からも自信を持って保証します。
私も最初はこのワーク全然できなかったのですが何度も何度もやってできるようになりましたから。

さて、色が弁別できるようになったら、次に必要になるのが色でほしいイメージを作る力です
そこでイメージ配色のワークも行います。
カジュアル、ナチュラル、モダンの三つのデザインテイストを表現するのにふさわしいと思う3色配色を作ります。
P1050700.jpg

そしてグループでどんなものをイメージしながら配色したかなどを分かちあいます。
人によって色やイメージの捉え方に違いがあり、見せ合う中で人との違いや自分の癖に気づけます。
各自の違いに面白い!、楽しい!などの声も上がっていましたが
現在住まいづくりに関わる人をしている人からは「色に対してこれだけ感じ方の違いがあることが分かったので、これからはお客様と打ち合わせするときにじっくり確認し合いたい」などの声も聞かれていました。
P1050697.jpg




<<代表理事・後藤史恵記>>
posted by 十人十色 at 10:01 | アドバンスコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんにちは、代表理事の後藤です
アドバンスコースのA科目「部屋のレイアウト空間編〜今度は3Dでレイアウトワーク」が
4月29日、東京会場で開催されました。
家具やモノをどこに配置するかで、部屋の使い勝手だけでなく見た目も変わり
まさにレイアウトは部屋づくりの土台。
2級では動線やモノのサイズについて学んだあと、リビングダイニングキッチンの間取りが書かれた紙の上に
家具を描いた紙をのせてレイアウトづくりをするワークが盛り込まれています。
紙の上でのワークは寸法が縦×横の二次元なのですが、実際の部屋は縦×横×高さまで加わった3次元です。
そこでより実際に近い3次元で体験できるワークを体験できるのがこのアドバンスA科目です。

また、将来家のリフォームや建て替えをするときに役立つように簡単な図面の見方や部屋の測り方も紹介します。
下の写真は壁の高さの測る時のメジャーの使い方を実現する講師の磯ヶ谷理事。
P1050611.jpg


さて、お待ちかねのワークタイム。
教材を切って箱型の部屋と紙で模型家具を作ります。
そして家具を置くと壁面にどう影響するかやボリューム感じを確認します。
「シルバニアファミリーの家みたい」と、ドールハウス感覚で楽しんでいる声も…。
P1050624.jpg

全ての家具を模型で作ると大変なので、配置を確認したら、箱に貼り付けるのは紙に描いた家具の図です。
でも2級のワークでは床の上にだけはりましたが、家具が接する壁面にも張っていくところが違います。
家具と壁面の関係を考えないと作業ができませんので、部屋や家具を立体的にとらえる力がつきます。
P1050641.jpg


2級のワークのお題は家族と使うリビングでしたが、今回のお題はプライベートルーム(寝室)です。
実際には自分の個室を持っている人は少数派でしたがもしもマイルームができたらたらどんな風にしたいか、夢をふくらませつつ、2級のワークのときには考えなくてもよかった壁面のコンセントやエアコンを気にしつつ
部屋の模型を作り上げていきます。
中にはこんな夢あふれる部屋を作った方も(壁に雲が浮かんでいるよ♪)
P1050660.jpg

そしてできあがった作品はグループで見せ合います。
P1050668.jpg

ルームスタイリスト講座ではもうすっかりお馴染み、みなさん大好きな分かちあいの時間です。
立体になったことで、より各自の考え方の違いや個性がよくわかり、いつも以上に盛り上がっていましたよ
P1050650.jpg




<代表理事・後藤史恵記>
posted by 十人十色 at 15:24 | アドバンスコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする