2013年01月19日

部屋はバロメーター

こころと部屋研究所の磯ヶ谷です。

不覚にも流行に乗ってしまい風邪を引いて寝込んでいました。
この間、ほとんどベッドの中で過ごし、食べることも、着替えることもおっくうという状態でした。
自分の世話が自分で出来ない。
そうなるとどんどんとだらしなくなるものです。
顔を洗うことも、髪を整えることも、脱いだ服をたたむことも、食器を片づけることも、すべてが滞り、部屋の中も酷いことに…
ようやく熱が下がり、食欲が出て、少し元気になると、その部屋の有様に本当にがっくりとします。

水を替えていない花は枯れ、冷蔵庫の中で食材が干からびている。
食べ物を無駄にしてしまったことが、なぜか一番私にはグッとくることなのです。

部屋にはこころの状態だけではなく、自分のからだの状態も映し出します。

体調が悪いと、自分の視野そのものが狭くなるような気がします。
そして、とてもサバイバルな感じです。

部屋の状態って、いろんなことのバロメーターになりますよね。

忙しさや、心の余裕のなさ

からだの健康や、こころの健康

そして自分自身をどのように扱っているかのバロメーター

そんな風に自分の部屋を見てみたら、どんな風にみえてくるでしょうか。

あなたの部屋は、あなたにとってどんなバロメーターですか。
posted by 十人十色 at 09:08 | こころと部屋の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんにちは
こころと部屋研究所代表の磯ヶ谷ふき子です。
こころと部屋研究所は一般社団法人十人十色の部屋づくり推進会の関連機関です。

私はインテリアコーディネーターでもあり、同時に心理カウンセラーでもあります。
この二つの仕事を通して、心と部屋には深い関係があるということに気づきました。
心の状態は目に見ることが出来ません。
しかし自分と誰かとの関係、または自分となにかとの関係に自分の心の状態が現れます。
部屋を居心地よくすることは、自分の心の状態をよくします。

ルームスタイリスト認定講座の中には、心理学の専門用語を使わずに、こころと部屋の関係のメソッドが沢山盛り込まれています。

ここではこころと部屋がどのように関係しているのか、少しづつ書いていきたいと思います。

部屋はあなた自身を映し出す巨大なスクリーンです

こころと部屋の関係イラスト.jpg


posted by 十人十色 at 19:07 | こころと部屋の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする