年が明けて、5日。
あけましておめでとうございます。

ルームスタイリストプロの熊谷 一子です

長野県茅野市からの発信です

今日までお休みの人、昨日から始まっている人、様々だと思いますが、
どのようなお正月を迎えられましたでしょうか?

私は、毎年、1年分の、嫁業、娘業を年末年始に集約していますわーい(嬉しい顔)

年末、主人の実家にいって、おせちの準備、餅つき、お花を生けたり・・と、
役目がいっぱいなんですが、
なんと今年は、義姉が豪華なおせちセットを買ってきてくれました〜。

重箱に盛り付けるだけの、なんて楽なおせちの準備!
36696899.jpg

 こんなイメージです。(笑)

華やかで、美味しそうで、とても素敵な食卓でした。
そのおせちをみて、改めて考えたことがありました。

おせちには、昔から「想い」をこめて作られていると言いますよね。
それをきちんと子供たちに伝えてきていないなーと。

なんのためにおせちをつくるのか・・とか、
ひと品ごとに込められた想い。・・・とか。

作るのたいへんだし、結構食べないので、無駄になったりして・・・
おせちセットもあるので簡単に済まそうとしてしまう、今の慣習に
若干の違和感を感じました。

それと、作る量。
食べられる量は人それぞれあると思いますが、
ちょうどいいっていう感覚って日本人にはあまりないのかな〜って思います。
余るぐらいに作る。
そして、残すのは失礼だから、無理して食べる。
もったいないから・・・と。

なんか。矛盾してますよね〜。
もったいないんだったら、余るほど作らなきゃいいし、
その方がおいしく食べることができる。

「自分にあった、ちょうどいい」っていうことが、幸せを感じるポイントではないかな
って、思います。


部屋づくりもそうだと思います

もったいないから、いろいろ取っておく。
   ⇒収納がいくらあってもたりない。
   ⇒部屋が、ぐちゃぐちゃしてくる。

手軽に購入できる家具
   ⇒なんとなく、落ち着かない・・バラバラ?
   ⇒居心地がよくない。


部屋とこころはつながっていると言いますが、
こころは、すべての行動につながっているんだなーと改めて感じた年末年始でした。

「ちょうどいい」っていう、ものさしをきちんともつこと。

それが「ここちいい」に繋がると思います。

今年も、ひとりひとりの「ここちいい」を見つけるお手伝いを
積極的にしていきたいと思います。
posted by 十人十色 at 14:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

謹賀新年2014

img048.jpg

新年あけましておめでとうございます

(一社)十人十色の部屋づくり推進会代表理事の後藤史恵です。
ルームスタイリスト認定講座はこの4月で開講3年目に入ります。
昨年末時点での受講者数は2級906人、1級335人で
北は北海道から南は沖縄まで今までで24都道府県で講座を開催しています。

当初は私を含めた理事3名だったルームスタイリスト・プロが今はその8倍の24名まで増え
全国各地にいるプロたちが自身の地元で講座を開催するようになってから受講者数の伸びも加速しています。
今まで受講してくださった皆様や応援をしてくださった関係者の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

当法人本部があります静岡県富士市は昨年世界遺産にも登録された日本一の山
「富士山」の麓にひろがる町です
富士山にあやかって当法人も今年さらなる発展ができるよう邁進していきたいと思っています。

その一環として今年は法人本部では新たな取り組みとして1級修了者対象の
ルームスタイリスト・アドバンスコースを3月から開設することになりました。
詳しくはこちらをご覧ください
1級修了者の方から「さらにセンスアップしたい」
「プロまでは目指さないけど模様替えについてもっと学びたい」
との声が多数寄せられていたことを受けて
1級修了後も気軽に学びつづけ講座で仲良くなかった仲間や講師と交流できる場として設けました。
(昨年末までに1講座を修了されている方には年賀DMとしてこのお知らせをお送りさせていただいております)

一人でも多くの人に自分の部屋を好きになるきかっけを提供するため
好きになった人にはもっともっと好きになってもらうために
日本一の富士山の麓より今年も日本全国に模様替えの魅力を発信し続けます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2014年 元旦  
一般社団法人十人十色の部屋づくり推進会
代表理事 後藤史恵

posted by 十人十色 at 10:26 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。