2016年06月09日

モザイクタイルで遊ぶ

こんにちは、十人十色の部屋作り推進会代表理事の後藤です。
ファイル 2016-06-09 16 53 18.jpg
以前インテリアコーディネーターとして新築やリフォームの仕事をしていた時
お客様宅に使用を検討するサンプルをよく取り寄せていました。
その仕事を辞めた時点でサンプルも大量処分をしたのですが
どうしてもて手放せなかったものがありました。
モザイクタイル、中でもガラスのタイルです。
11988636_752851931508263_5880313099599753775_n.jpg
私ガラスが大好き、カラフルな色合いのものも好きなので
この両要素を兼ね備えた品は見ているだけでもテンション⤴⤴
なのでとってあったわけですが、
自宅を新築・リフォームする計画なんてまったくないので使うあてもなく
時折、しまってある箱を眺めてはニヤニヤしていました。

最近ではガラスモザイクタイルは百円均一でも売られていますので
それをステキに部屋に活用したり、アクセサリーしている人をみて私も触発され
私もいろいろと作り始めました。

まずは、テグス(ビーズアクセサリーなどに使う透明な糸)をモザイクタイルではさみ接着。
接着はボンドでもよいと思いますが、私はグルーガンを使いました。
百円ショップで手に入ります。

こんな感じにモビール上にしたものを3本作りました。
ちなみに十人十色の部屋作り推進会の事務所の窓に取り付けています。
窓から見える景色は田んぼでその向こうに新幹線の高架橋が見える
こんなのどかな場所にあります。
ファイル 2016-06-09 16 53 42.jpg
モビールみたいにするほかにも、カーテンタッセルにもできます。
ファイル 2016-06-09 16 52 08.jpg

どう使おうか迷ったのですが、
今は事務所の打ち合わせ室の壁をウオールシールとともに飾っています。
ファイル 2016-06-09 16 53 05.jpg
殺風景だった壁に絵を描いてみました。
青と白のモザイクをはったモビールなので、それを雨に見立てました。
雨が降り出した窓の様子を部屋の中から猫が見ている(雨粒を手にとろうとしている)様子です。
梅雨の時期だからこんな絵もいいかなぁと・・・。

ウオールシールも取り外し可能なので、季節が変わったらまた違うアレンジにしたいです。

さて、このモビールに使ったタイルはガラスタイルではありません。
一番お気に入りのガラスタイルはこれからの時期ガラスのアクセサリーがほしいなと思っていたので
帯どめとブローチにしてしまいました。

お気に入りは部屋に飾るだけでなく、身に着けて、ずっと一緒にいたいからです。
ファイル 2016-06-09 17 45 56.jpg
ファイル 2016-06-09 17 46 23.jpg

ブローチの裏側はこんな感じ。
もともと細かいこと気にしない性格でして、自分で使うものだからこれでいいかなと。
グルーガンの良いところは接着剤が温めると溶けるのではがしやすいのですね
飽きたら他のものに作り替えます。

ペンダントはリバーシブル仕様にしており、服に合わせてどちらを表に出すか決めてます。
青い服には黄色面、赤い服には緑面
これ反対色配色です
(ルームスタイリスト2級認定講座でご紹介していますよね)
私は反対色を刺し色に使ったカラーコーディネートが大好きです。
だから意図的に反対色配色をしているかといえば、そういう時ももちろんあるのですか
自分がステキと思う組み合わせをしてみると、結果的に反対色であることが多いという感じです。
ファイル 2016-06-09 17 46 57.jpg
ファイル 2016-06-09 17 47 16.jpg
これはガラスの帯留めです。
最近着物にはまっているのでこれからの季節重宝しそうです。
ちなみに今度の土曜日6月11日アドバンス大阪の講座も着物でやる予定なので
この中のどれかを身に着けるかも?!


一度作り始めると、創作意欲が止まらない
また近いうちにご紹介しますね。
今日はこの辺で。

代表理事 後藤史恵記
posted by 十人十色 at 17:59 | 手作りインテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする