2014年01月25日

模様替えの神様

こんにちは、十人十色の部屋づくり推進会代表理事の後藤です。
昨日夕方仕事を少し早く切り上げて隣町富士宮市にある富士山本宮浅間大社に少し遅い初詣に行ってきました。
P1040724.jpg

初詣といえば当法人は商売繁盛の神恵比寿様をまつる三嶋大社で毎年祈祷をしてもらっており、今年も仕事はじめの前の1月5日に済ませているのですが、
浅間大社の神様である富士山の女神「コノハナサクヤ姫のミコト」方は、「模様替えの神様」として信仰しているのでこちらの神様にも新年のご挨拶をしにきたわけです。
P1040725.jpg

今こんなキャラもできています。一人できたから顔を入れて写真取れなくて残念!
ちなみに、浅間大社のパンフレットを隅から隅まで読んでも「模様替えの神」とか「建築の神」という表記は出てきません。
私がかってに模様替えの神様・ルームスタイリスト講座を見守ってくれる神様として信仰しています。

その理由は神様のお名前・コノハナサクヤにあります。

ルームスタイリスト講座のキャッチコピーは
私のほしい「ステキ・心地よい」をみつけようです。
いくらお金や部屋づくりの知識を豊富にもっていても
自分がほしいものがわかっていなければうまくいかないからです。
また、講座では自分の好きをわかっている人をセンスのいい人と定義し
そして誰でもセンスの種をもっている、
それは自分自身の中にあるからそれを見つけようと呼びかけています。
種を取り出すイラスト.jpg

私は講座を作った時に終わった時に受講者の皆さんにこうなっていてほしいと目標を設定しました。
2級講座はセンスの種を見つけること
1級講座は見つけた種を育てて、理想はその植物が花開くこと

たとえ1級講座の最後に開花までいかなくても、
その後模様替えを繰り返す中で花が咲いてほしい。
SMAPの歌の「世界に一つだけの花」のように、
いつか自分だけの花を咲かせてほしいと願っています。
いつかこの花は咲く!
それがコノハナサクヤ姫のミコトの名前とダブりました。
最初は自分の仕事がうまく行くようにお願いしていたのかもしれないですが
いつしかみんなのステキ心地よいの花を咲かせる模様替えの神様的な存在になっていたのです。


ちなみに今富士山本宮浅間大社にはコノハナサクヤ姫をかたちどったおみくじがあります。
P1040717.jpg

中にはちりめんでできた富士山ストラップが入っています。
これは私のお気に入りです。
P1040726.jpg

おみくじをやってゲットした新しいストラップにつけかえました。
そして昨年夏に伊勢神宮に行ってから集め始めたご朱印帳にご朱印もいただきました。
これでまたパワーチャージして頑張りたいです。
                代表理事:後藤史恵記
posted by 十人十色 at 12:56 | 模様替えコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。