年が明けて、5日。
あけましておめでとうございます。

ルームスタイリストプロの熊谷 一子です

長野県茅野市からの発信です

今日までお休みの人、昨日から始まっている人、様々だと思いますが、
どのようなお正月を迎えられましたでしょうか?

私は、毎年、1年分の、嫁業、娘業を年末年始に集約していますわーい(嬉しい顔)

年末、主人の実家にいって、おせちの準備、餅つき、お花を生けたり・・と、
役目がいっぱいなんですが、
なんと今年は、義姉が豪華なおせちセットを買ってきてくれました〜。

重箱に盛り付けるだけの、なんて楽なおせちの準備!
36696899.jpg

 こんなイメージです。(笑)

華やかで、美味しそうで、とても素敵な食卓でした。
そのおせちをみて、改めて考えたことがありました。

おせちには、昔から「想い」をこめて作られていると言いますよね。
それをきちんと子供たちに伝えてきていないなーと。

なんのためにおせちをつくるのか・・とか、
ひと品ごとに込められた想い。・・・とか。

作るのたいへんだし、結構食べないので、無駄になったりして・・・
おせちセットもあるので簡単に済まそうとしてしまう、今の慣習に
若干の違和感を感じました。

それと、作る量。
食べられる量は人それぞれあると思いますが、
ちょうどいいっていう感覚って日本人にはあまりないのかな〜って思います。
余るぐらいに作る。
そして、残すのは失礼だから、無理して食べる。
もったいないから・・・と。

なんか。矛盾してますよね〜。
もったいないんだったら、余るほど作らなきゃいいし、
その方がおいしく食べることができる。

「自分にあった、ちょうどいい」っていうことが、幸せを感じるポイントではないかな
って、思います。


部屋づくりもそうだと思います

もったいないから、いろいろ取っておく。
   ⇒収納がいくらあってもたりない。
   ⇒部屋が、ぐちゃぐちゃしてくる。

手軽に購入できる家具
   ⇒なんとなく、落ち着かない・・バラバラ?
   ⇒居心地がよくない。


部屋とこころはつながっていると言いますが、
こころは、すべての行動につながっているんだなーと改めて感じた年末年始でした。

「ちょうどいい」っていう、ものさしをきちんともつこと。

それが「ここちいい」に繋がると思います。

今年も、ひとりひとりの「ここちいい」を見つけるお手伝いを
積極的にしていきたいと思います。
posted by 十人十色 at 14:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする